ナポリからのGIFT

少しでもナポリに興味を持つ人が増えれば、と思い、書いています。ただ、稀にプライベートの事も。

ナポリの選手の去就は…?現時点での噂を確認しよう

 

 この代表ウィーク中には、イタリア代表がワールドカップ出場を逃すという衝撃的な出来事が起きたが、一方で、クラブレベルのシーズンはまだまだ続いていく。今回は来季の去就が不透明な選手たちの噂を紹介しよう。

 

■ガエターノとゼルビンの将来は?

 ジャンルカ・ガエターノセリエB首位に立つクレモネーゼにレンタル移籍をしており、印象的な活躍をしている。これまでに28試合(内21試合に先発)に出場。中盤センターやトップ下だけではなく、時には左サイドでのプレーもこなすなど、高い順応性を見せている。「TTTOmercatoWEB によれば、クレモネーゼのスポーツ・ディレクター、シモーネ・ジャッチェッタは、「才能のある選手だ。今季彼は良く成長している。」と大きく評価。また、この代表ウィーク中にはU-21イタリア代表の一員としてもプレーするなど、その将来が楽しみになってきている。
 一方、同じくセリエBフロジノーネにレンタル中のアレッシオ・ゼルビンは主にこ左のウィンガーとしてプレー。1月の月間最優秀選手に選出されるなどの活躍ぶりで、これまでに7ゴールを記録している。
 セリエBで十分に通用していると目される彼らは、どうやら来季のトップチーム入りに近づいているようだ。同じく「Tutto Napoli.net」は、ガエターノとゼルビンは来シーズンはナポリに復帰するだろうと予想しており、ナポリでさらなる成長を促したい考え。

■左サイドバックの補強は?

 ファウジ・グラムが契約満了で退団することが濃厚な左サイドバックだが、ヘタフェのマティアス・オリヴェラの獲得に近づいているようだ。「TTTOmercatoWEB」によると、両クラブは買取義務付きの1年間のローンで合意に近づいているとのこと。移籍金は€1100万に€300~400万のボーナスが付帯。一方で、ユヴェントスアトレティコ・マドリーも彼の獲得に興味を持っているようだ。
 ウルグアイ代表でも主力を務める彼が加入することになれば大きな戦力になるだろうが果たして…?

f:id:napoli9627:20220327195651p:plain

先日のワールドカップ予選でもプレーしたオリヴェラ(ヘタフェ公式より)



■アンギサの買取りは、フラムと交渉中?

 英「Team Talk」によるとアンドレ=フランク・ザンボ・アンギサを完全移籍で買取りたいナポリだが、買取条項の€1500万からの値引きを図っているとのこと。とはいえ、レンタル元のフラムとの交渉は困難が予想され、アンギサ本人の意向など、場合によってはフラムに戻る可能性もあるようだ(ナポリへのレンタル前に、フラムとの契約を延長している)。
 一方で、ローマで出番を失いつつあるジョルダン・ヴェレトゥは、ナポリが長い間獲得に関心を示してきた選手だが、彼の代理人、マリオ・ジュフレディによると、ナポリ加入はないだろうと予想。「Corriere dello Sport」が伝えている。「経験豊富な選手よりも若い選手を好むだろう」とのことであり、ピオトル・ジエリンスキやスタニスラフ・ロボツカを擁する面々の中では彼を獲得する必要性は薄れてきているのも事実だ。尚、そのヴェレトゥには、インテルが獲得に興味を示しているとも伝えられている。

f:id:napoli9627:20211113205719p:plain

フラムからレンタル中のアンギサ(ナポリ公式より)

 

■ファン・ジェズスとは契約延長?

 これまで安定したプレーを見せて、存在感を高めているファン・ジェズス。「TTTOmercatoWEB」によると、ナポリはチャンピオンズ・リーグ出場権を獲得した場合のみに行使できる、1年の契約延長オプションの行使に向けて議論を行うと見られている。
 一方で、同じく契約満了が近づくダビド・オスピナは、「Calciomercato.com」が報じるところによると、ラツィオレアル・マドリーが獲得に興味を示しているとのこと。それにより、現在控えに降格しているアレックス・メレトは、彼の代理人とクラブとの間で、数日中にも交渉が行われる可能性がある。彼の先発出場を確約することが条件に盛り込まれるようだ。
 最後にドリース・メルテンスについてだが、いまだ去就は不透明。€450万とも言われるサラリーの減額を呑まない限り、契約延長はないと見られている。インテルが獲得に興味を示しているといわれる中、果たしてフロントはどのような決断を下すのか。